忍者ブログ

豚汁模型!

ブログタイトルは滅茶苦茶ですが、とりあえずゆるゆる細々とテツドウモケイをいじりたいなあ、というのが信条の脱力系ブログ(?)です。

2017'10.22.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013'08.16.Fri
 いきなりですが、103系常磐線10連、これにて完成です。
 まだ微調整はしなければいけないものの、工事は97%完了しましたので、これにて完成とします。


 いい感じです。すごくいい感じです。後ろの415系はJR仕様なので時代的には合わないのですが、それでもいい感じです。
 前回からやったことといえば、説明書通りにガラスパーツを組み込み(各社の床下に対応しているためこれがなかなか面倒だった(^^;)、両先頭車に折りよく発売された鳳車両製造のステッカーを貼り付け(純正のものは高かとです・・・)あとはパンタと台車を取り付けて完成です。
 ちなみに床下ですが、クハとモハの床下を切り継いでクモハを作るだけの技術がなかったため、両側の先頭車とモハ102・サハ103それぞれ1両ずつを純正のモーターなしセットで、モーターは「KOKUDEN」と銘打って発売されたKATOの旧103系のものを拝借、その他の車両も他のKATO車から失敬して組み込んでいます。
 今回非常にまずいことに、途中でモハ102とモハ103のボディを取り違えていたため、妻面の配管がおかしなことになってしまったり、妻面のガラスパーツを1つ紛失してしまったため、編成中の妻面のうち1面だけガラスが入ってなかったりと、なかなか致命的なミスをやらかしていますが、ここもお得意の「まあいっか」でそのままです(^^;
 

 ルーバーのフタもプラ板で取り付けておきました。GMの103系のお顔、なかなかカッコイイと思います。
 今回苦労したのは、同時発売のインレタも含め、なんといっても予備パーツが全くと言っていいほど無いことです。ハイディティールのきっとなだけに細かいパーツも多く、これまでの製作記録でもお話したように紛失してしまい他のもので代用したパーツも多くあります。もう少し初心者も楽しめるキットだったら良かったのにと思います。
 そして、純正のステッカーを発売するのはいいのですが、せっかく側面の方向幕も収録したのならせめて10両分くらいは収録してほしいと思います。「側面の方向幕を10両分ほしかったら2個買ってネ」というのはちょっといただけません。今回は経費削減のため側面の方向幕は全車入れていませんが、いずれ入れたいですね。
 ま、これ以外にもライトユニットの発売が遅すぎる(まだ発売時期未定)ことや、純正の床下はあれだけ高いのに旧態然とした貼り付けるだけの床下機器など、色々と不満な点もあるキットでしたが、プロポーションはさすがGMと言わんばかりのカッコイイものでしたので、その点は満足して組めたキットでした。
 EVOシリーズは今後も続いていくとのことですので、応援していきたいですね。

 それではまたー(^^)ノ

拍手[2回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58
«  BackHOME : Next »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
茨城県古河市在住。「いばらぎ」ではなく「いばらき」です。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

豚汁模型! wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]