忍者ブログ

豚汁模型!

鉄道模型のごった煮をゆるくほそぼそ楽しむブログ

2019'10.03.Thu
今年も行ってまいりました。目黒のさつき会館時代からいっているので、10年くらいになるのかしら?
 前回の様子はアップしてあるので、ここでは前回に取り上げていなかったものor新作について触れていきます。

 何といってもサプライズは、猫屋線の電化でしょう。イメージ元は福島交通軌道線。細身な体と小さな図体がかわいらしいですね。乗っているのはHO用の小型パンタグラフ(名鉄モ510用のもの)ですが、ナローの小さな車体には大柄に見えてとてもベストマッチだから不思議です。動力も鉄コレの機関車用のものなので、走行性能も担保されていますね。

 トレーラーも新規製作でしょうか。福島交通にはこういったトレーラーはいなかったので、大改造によって鉄道線のトレーラーになった元都電の羽後交通ホハフ6あたりのイメージでしょうか。

 TMSでの連載やGMの箱絵でおなじみの小林信夫画伯のペン画も注目を集めていました。これに私はやられました。大真面目にレイアウト製作の算段を練っています。

 ここからは展示物ですが、前回掲載したものについては大幅に端折っていますので、ご承知おきを。


 モデルワーゲンの新作の立山砂防モジュール。滝の表現は水槽用ろ過装置のフィルターでしょうか。今回は記念エッチング板が立山のDLだったこともあって、立山の作品が多く展示されていました。


 事務局の畑中さんは新作の仙北でご参加です。前回の講演が仙北特集だったので、それを受けてのものでしょう。
 田園地帯を走るだけあって、米俵を満載した貨物列車が魅力的でした。仙北と言えば、田園地帯の築堤上を行く多種多様なキハですね。



 四頓倶楽部さんは立山特集でした。中でも目を引いていたのがこのレイアウト。B4くらいの小さなサイズですが、そのスケール感は圧倒されます。レイアウトの向こう側を立て板で仕切ってしまう技法も効果的ですね。





 倉林さんの簡易軌道は旧作ですが、初めて見たので掲載。見てみたかったレイアウトでした。
 NやHOのレイアウトを見慣れていると、本当に小さなサイズのレイアウトですが、その中に見どころが満載で、密度はとても濃いです。出荷待ちのトラックがいい味を出していますね。





 KBMCの新作(見た記憶がないだけなので、新作ではないかも)から、併用軌道です。高知や福井がとても楽しく、花巻や静岡鉄道秋葉線に思いをはせています。模型でもやりたい題材の一つですが、ストラクチャーの量産技術が必要だなと、すばらしいストラクチャーの数々を見て痛感した次第。駅舎もエムズコレクションのものかと思いましたが、どうやら自作のようですね。






 磯野さんの下津井は以前にも見ていますが、やはりとんでもないのでまた載せます。今回もかなりの時間眺めました。その時間が自分の創作に生かせるかは自信がありませんが(^^;
 このレイアウトのすごいところは、「説得力」だと思うんですよね。ここはこういう地形だから、こう建物や街並みがあり、ここはこういう家だから、こういう設備がある、というような、漫画や小説のキャラクターの設定を考えるようなリアル感とでも言いましょうか。

 極めつけはこの模型屋でしょう。中の模型棚に入っている箱まで分かるように表現されているのは、発想と技術と根気の3つが高いレベルで発揮されている証ですね。


 磯野さんの新作として、サーボモーターを用いて、センサーで開閉する跳ね橋のレイアウトを作成されていました。KBMCや駿遠倶楽部がDCCやサウンド技術を多用した展示を行っていましたが、これからはこうした電子制御のギミックがもてはやされる時代になるのかなあと感じる軽便祭でもありました。
 最後に、KBMCのサウンド付きDCC運転の様子も載せておきます。サウンド界隈も今かなり盛り上がりを見せていて、なかなかとっつきづらいと思ってはしまうものの、魅力的なことは間違いありませんね。

 以上、軽便祭2019を独断と偏見でお伝えしました。もう何年も通っているイベント、そろそろ出店側で出たいなあと思うものの、素晴らしい情景作品の数々を前にすると、どうしても尻込みしますな。だれか強引に誘ってはもらえないものか。。。
 お会いした方、特に最後に話し込んでしまった某氏、お時間を取らせてしまい恐縮です。また来年お会いしましょう。

拍手[0回]

PR
2019'09.29.Sun
前回は温泉につかって酒をしこたま飲んで寝たところでタイムアップ。翌朝はいよいよ最終日です。
 最終日はもともと行程がうまくいかなかったときの予備日という側面もあったので、比較的行程はゆるゆるです。
 まずは高山本線で富山まで出て、真っ先に向かうのはやはりここ。

 吸い込まれるようにこの日も電鉄富山へ。少し待っていると、、、

 例の10020形の3連編成が入ってきました。朝のお勤めが終わったのでしょうか。このあと回送電車になって引き上げていきました。
 
 その後、一駅だけ乗って車庫のある稲荷町へ。先ほど引き上げていった10020形がいつもの定位置で休んでいます。実はこのあと一度見かけたのですが、昼間も運用に入るのですね。一応撮ったのですが、お粗末写真なのでこちらはお蔵入りw
 稲荷町の車庫、広大な路線網を持つ富山地鉄の車庫だけあって、並みの地方私鉄の車庫ではありません。東急池上線の雪が谷大塚よりたぶん立派ですw 軌道線の車両の全検もやっているようなので、さもありなんというところですが。


 車庫見学のあとは一度富山に戻り、かねてより興味の対象だった富山ブラックを食べます。見た通りですが、かなりしょっぱいですね。これをうまいと思うかは人によると思うところで、私はよく浸かった具材との相性がベストマッチで、おいしいと思いました。

 ラーメンを食べ終えたら、ここからは駅巡りです。宇奈月行きに乗り込んでまず降り立ったのは、立山線との分岐駅である寺田駅です。
 

 寺田駅、Y字に分岐しているところがまさに駅になっていて、画面左手が宇奈月へ行く本線、右が立山線のホームです。その間にあるのは詰所で、ホームとホームの間は屋根がかけられています。
 分岐駅は数あれど、Y字方向に分岐していて、その間がホームになっている駅はなかなか珍しいですが、富山地鉄ではここともう一か所、岩峅寺も同じような構造なので、そういう様式で作ったのかもしれませんね。

 お次は乗り継ぎの都合で降り立った上市駅。ここは通貨不可能なスイッチバック構造になっていて、画面の後ろ側は行き止まりです。電車が走り去っていく左側の線路が富山方面、右側が宇奈月方面になっています。こんな面倒な構造になっているのは、どうやら歴史的な経緯があるようで。珍しい駅です。


 続いては電鉄黒部駅。モルタル造りですがモダンな装いの、富山地鉄の中心駅です。ここには注目すべきものがあります。

 ホーム全体に覆いかぶさる上屋は、私鉄の中心駅を象徴する構造物です。近年ではこの電鉄黒部や叡電の比叡山口などわずかに残るのみで、なかなか見ることができなくなりました。

 電鉄黒部には小規模な車庫もあります。今は留置線としてしか使っていないようですが、ずいぶんと年季の入ったものです。まわりにも運転や保線関係の施設が集中していることから、ここもおそらくサブの車庫であったのでしょう。

 黒部どまりの14760形が長い時間停車していたので、じっくり眺めます。雷鳥カラーは何度見ても素晴らしいですね。

 上の14760形に乗り込んで宇奈月まで乗り、宇奈月で重大なことに気づきました。なんとカメラのメモリーがいっぱいなのです。しかもここは宇奈月。コンビニは大手チェーンではなくマイナーなチェーンの一軒だけです。
 幸いにしてSDカードは置いてありましたが、さすがに肝を冷やしました。おかげで、宇奈月駅の写真は一枚もありません(苦笑)


 気を取り直して、次は西魚津駅。ここもとんでもなく古い駅です。駅前のケヤキ(?)の巨木が駅の歴史を感じさせます。ポストも昔は丸型だったのでしょうね。


 越中三郷でも降ります。古い駅ですが、西魚津よりは近代化されている感じがしますね。

 越中三郷は駅を降りてすぐのところに撮影ポイントがあるので、田んぼのあぜ道に腰を下ろして気楽にカメラを構えます。気楽すぎて、せっかく14720形が来たのにビミョーな写真です。

 日が暮れかけたら、今度は岩峅寺線を攻めます。これは終点の岩峅寺駅。この駅も寺社建築らしい、立派で古めかしい駅です。

 このあと富山に戻り、軽食を食べ、市内線の沿線にある銭湯で汗を流した(めっちゃ熱かった)あと、東京行きの高速バスの客になりました。
 駆け足でめぐった北陸旅行、いくつか時間の都合で回れないところもありましたが、ほぼ目標を達成することができました。次回の旅はどこに行くのでしょうか。。。

おわり

拍手[1回]

2019'09.10.Tue
第三回の続きです。今回は鉄分薄めですw
 富山で目的を達した後は、高岡でまだやり残したことがあるので、高岡に戻ります。
 ちょうど高岡に到着した時点でお昼だったので、リサーチしておいた店に入ります。高岡に来たとなれば、お隣は氷見ですから、海鮮でしょう(またかよ

 待ちきれなくてもう食ってますが、これがうまかったことうまかったこと。食いすぎましたw
 そしてさすがは富山、こっちでは全く見かけない魚も数多くありました。食道楽なりに魚は種類を食べてきたほうですが、それでも初見です。

 マゴチ。不格好な魚ですが、絶品らしいと聞いてはいたのでさっそく注文。
 白身特有の旨味のある魚ですが、トロっとした食感と脂身、それに濃厚な旨味のバランスが高い次元であわさった、稀有な魚ですな。また食いたいと思いますが、いつになるやら。

 カマス。魚食性の強い凶暴なハンターです。人間の手にかかればこの通りですがね。
 硬そうに見えますがとても水気の多い身で、炙った皮と柔らかな身、それにさわやかな風味がすばらしい。

 キジハタ。ハタハタの仲間で、能登地方を代表する魚です。
 食感や旨味はサクラダイに似ている気がしますが、その旨味をもっと複雑にしたような、味わい深い魚です。硬めの食感もいいですね。

 ガンド。出世魚であるブリの前のことをガンドと呼ぶらしい。初めて知った。
 氷見のブリといえば、というくらい著名ですから、もう語ることもないですな。というかこれを食べに来たようなもんですし。しかもこの日は250円だってんだからたまげます。

 寿司を堪能して満足した後は、腹ごなしを兼ねて万葉線に乗り通しに行きます。

 とりあえず完乗を目指すべく高岡から越ノ潟へ。折りしも旧塗装車で、つりかけサウンドを堪能しながらのんびり向かいます。
 かつてはこの先にも富山地方鉄道射水線の線路が伸びていて、このまま乗っていると富山市内線まで乗り入れることができましたが、富山湾の改修工事で廃線に。今は渡船で対岸に連絡しています。

 少し戻って新吉久へ向かいます。ここにはかつて上で述べた射水線を走った電車が保存されています。路面電車と地方私鉄の小型車の折衷のようなデザインが昔から好きで、長年見たかった電車でしたが、今回ようやっと叶いました。

 米島口の車庫も見学します。路面電車特有の狭い構内と急なカーブが特徴的な車庫で、廃車体も存在するなど、とても魅力的な車庫です。右端にいるのは除雪車で、いかにも雪国と言ったところです。
 と、この日はここでタイムアップ。少し早いような気もしますが、この日は高山本線の沿線に温泉宿を取ったので、高山本線の本数の少なさから、早めの上がりです。

 高山本線(写真は別日の撮影。この日は疲れて撮り逃したw)で笹津へ。笹津からは事前に宿に話を通しておいたので、送迎の車に来てもらいます。
 宿泊したのは神通峡岩稲温泉 楽今日館。山の中にある、おそらく一軒宿で、日帰り温泉に宿泊施設が付帯しているようなところです。
 温泉は透明ですがぬるっとした感じで、ちょうど名湯宇奈月温泉と同じような感覚ですが、こちらのほうがよりぬめりがある気がします。お肌にいいともてはやされるような湯ですね。

 山菜の天ぷらとへぎそば(個人的にとても好きなんです)に舌鼓を打ちつつ痛飲。ひと汗→ひとっ風呂→のビールのうまいことうまいこと。

 富山の地酒、玄を見つけたので熱燗で。5年ほど前に一度飲みましたが、あの時に飲んだ豊潤さは健在ですね。味の強い日本酒が好きな人にはぜひとも飲んでほしい酒です。

 飲みまくってしまったので3日目はこれで終了。翌日はいよいよ最終日です。
 それではまた。

拍手[0回]

2019'09.09.Mon
第二回の続きです。
 二泊目は高岡に投宿しましたが、翌朝は始発電車で富山に向かいました。結果的には富山に宿をとっておいたほうがよかったのですが、これはどれだけ日程が消化できるかわからなかったので仕方ないです。

 朝の高岡駅にはこんな電車もいましたが、今回の旅では乗れず。521系もどきで富山へひとっ飛びです。


 3セクの富山駅から少し歩いて富山地方鉄道の電鉄富山駅へ。そんじょそこらの大手私鉄にも負けない頭端式ホームが、ついに憧れの富山地鉄まで来たことを感じさせられます。
 3番線にはレッドアローが停車中。レッドアローのうち1本は3連を組んでいて、不二越・上滝線の朝のラッシュ運用で優先運用されているよう。これに乗り込み、途中稲荷町の車庫をながめつつ、電鉄富山から4駅目の大泉駅を目指します。

 さて、高岡駅を朝早くに出発したり理由は、3両編成を確実に抑えるため。日中は完全に2両編成と共通運用、それも車庫で昼寝することも多いようで、どこで出会えるか、はたまたそもそも出会えるのかは運しだい。それに対して、不二越・上滝線の早朝ラッシュ時は必ず3両編成が運用されるので、ここで確実に抑えておきたい電車がありました。
 まずやってきたのは京阪色に復刻された10030形の3両編成。朝の不二越・上滝線の3連運用は2運用(朝の不二越・上滝線は3運用で、残り1運用は2連)と聞いていました。この京阪色も撮りたい電車ではあったものの、本命は別です。レッドアローと京阪でちょうど2運用。イヤな予感がしますが、稲荷町の車庫の定位置にヤツはいなかったしなあ・・・。

 続いてやってきたのは14720形。これも狙っていた電車で、ここで狙っていたわけではないのですが、すんなりやってきて拍子抜けです。
 この14720形で、レッドアロー・京阪とあわせて3運用。ラッシュ時の不二越・上滝線は全部で3運用です。ダメだったかと肩を落として撤収しようとしましたが、レッドアローだけでも撮って帰るかとその場にとどまりました。そして、反対方向から思わぬ電車がやってきます。


 いや、狙っていたのアナタなんですけど。。。
 これにはたまげました。基本的に車両の入れ替えは電鉄富山でしか行わないので、どこかで車両の入れ替えでも発生したのでしょうか。その後。。。

 こちら側の顔を狙っていました。興奮しながらシャッターを切ります(実は最初のチャンスでミスったので、これは2往復めですw
 10020形、貴重な日車ロマンスカーの生き残りですが、同じ顔の14720形ともども、すでに引退が発表されています。これら2編成をカメラに収めることも、この旅の重要なミッションでした。目標を達成できて一安心です。
 ちなみに、私が陣取った大泉~南富山間、ご覧の通り決して最高の撮影地というわけではなく、午前中の不二越・上滝線で巡光になるポイントが極端に少ないことが事前にわかっていたので、グーグルストリートビューとにらめっこしながら、何とか探したのがこのポイントというわけで。

 レッドアローまで粘ってこのポイントを後にしました。3運用で間違いないはずなんだけどなあ・・・まあいいか。

 朝のラッシュが終わり3連の編成は昼寝してしまうので、富山市内線の車庫を見るべく南富山へ。

 そこそこ広い路線網を持つ富山市内線ですが、かなりコンパクトな車庫でした。端っこで休んでいる復元塗装の電車も走行シーンが見たかったのですが、どうやらお預けのようです。まあさっき運を使い果たしてしまいましたからね。

 せっかくなので市内線で富山駅へ戻ります。路面電車が見えていますが、これが富山駅の構内にまで入っていきます。電車を降りたら歩いてすぐで改札口という寸法です。これはかなり便利でした。そのうえ、駅の向こう側で発着する富山ライトレールにも接続できるように工事をしていました。写真の右に見えるバスターミナルと合わせ、すべての公共交通がひとつの駅前で完結する(これからなる)富山駅、素晴らしい駅であると思いました。

 と、先ほど休んでいた復刻塗装色がお目覚めでした。うれしい誤算でした。
 このあとは、万葉線に乗るべく高岡へ戻りました。早朝に高岡にいたのに戻るのはもったいない気もしますが、まだ見ていないところがあるので、気にせず戻ります。
 高岡での顛末はまだ次回に。それでは。

拍手[1回]

2019'08.31.Sat
第一回の続きです。
 尾小屋の山を下り、小松駅前でレンタカーを返したあとは、一路福井へ向かいます。

 尾小屋でずいぶん時間を使ってしまったので、もう夕暮れは近いです。まずはえちぜん鉄道三国芦原線のこの電車で三国港へ。

 三国港駅、無人駅でしたが、個人的にはかなり好きな部類の駅です。プラットホームと平行に出入り口があるのも、スペースの取れないレイアウト向きの造形をしていますね。
 日没まであまり時間もないので、夕飯にすることにします。三国港まで来たとなれば、夕飯はもちろん海鮮です。


 どうですかこのブリの照りっぷりは。そして何より甘エビの甘さと言ったらなかったです。流石はすぐそこが日本海な港と言ったところです。噛みしめながら食べました。
 個人的な旅のポリシーとして、ほかのところの金を抑えてでも、食べ物はその土地の名物を食べると決めているので、やはり北陸に来たら海のものにお金を使うことになりますね。
 この日はここで日没タイムアップ。福井に帰って駅前でバルブ撮影でもしようかと思っていたのですが、あいにくこの日はお祭りで駅前まで電車が入ってこない日。駅前のビジホでふて寝と相成りました。

 翌日は、前日に海鮮を食っていて乗り逃した路線を攻めます。まずはえちぜん鉄道のもう一つの路線である勝山永平寺線に乗車します。
 ちなみにいつもだったら車両を撮りまくるところですが、愛環のおさがりと元119系はあまり趣味対象として興味がわかないので、スナップ程度にとどめました。時間もないですしね。ではなぜ勝山永平寺線に行ったかというと、以前からずっと行ってみたい駅がありました。


 終点の勝山駅の一つ手前、比島駅です。道路との距離がとても近い駅で、まさしく地方私鉄という感じの駅で、写真で見てからとても気になっていた駅です。
 こういうジオラマ欲しいなあと何度思ったか。昨今では無粋な柵やフェンスが設置されてしまうことが多い中、人と電車の距離がとても近い、雰囲気のある駅です。


 比島駅を堪能した後は、比島は利用客が少なく普通電車でも通過してしまう電車も多いので、勝山駅までテクテク歩きます。時折やってくる電車をスナップしながら、ちょっとしたハイキングです。

 勝山駅に到着すると、保存してあるテキ6がお出迎え。厳密にいえば機関車のようですが、こういう電動貨車が一家に一台欲しいですね(?)
 勝山駅から福井駅まで一気に戻り、お次は福井鉄道です。

 今回の旅で思わぬ発見だったのが、この元名鉄の電車、なかなかカッコイイんですね。福井での塗装もかなり似合っています。スカーレット一色よりもイケメンなのではないかと思います。
 福井駅前、ずいぶんと利便性の高い構造になっていました。路面電車を中心に、かなり頭とお金を使って整備されていて、とても好印象でした。あとで書きますが、富山駅もかなり便利な構造で、金沢は見た目ばっかりで置いて行かれているなあというのが正直な感想です。
 この元名鉄車に乗って、車庫のある北府を目指します。

 北府に着きました。使わない車両が並べて置いてありますね。一番後ろの600形はもちろん、土日なのでドルトムント市電も動きませんが、ここに来た目的は別にあります。はてどこにいるやら。。。

 ああ、いました。これに会いたくて来たのに、車庫の中でしたかなり残念。現役で稼働する最後の地方私鉄電動貨車といってもいいと思われるデキ11、引退の噂もあるだけに、全身を見たかったのですが、日ごろの行いが悪いようです。夏でも外に出ていると聞いてはいたのですがねえ。。。
 ちなみに、200形にも期待して行ったのですが、車庫の奥にチラッといるのを(おそらく)確認。デキ11のすぐ後ろにいるはずです。庫内にいたということは、整備をしているんですかね? 保存の動きがあるとかないとか話も聞こえてきますが、とはいえこちらも見ることはできず、再訪を誓いました。

 お次は武生まで行って、JRで金沢に戻ります。余談ですが、福井鉄道とJRの武生駅ってずいぶん離れてるんですね。暑い中結構歩きました。
 金沢まで戻ったら、初日に行きそびれた北陸鉄道浅野川線へ。ここにも大変魅力的な車庫があります。
 
 終点の鶴来駅です。本社機能があった時期もあるようで、立派な駅です。現在では終点ですが、最近までもう少し先の加賀一の宮まで線路は伸びていました。

 この先は線路が残っていましたがすでに廃線で、少し歩いたところからどうやら遊歩道兼サイクリングロードになっているようです。加賀一の宮駅の駅舎も残っているようですが、今回は時間の関係でパス。

 車庫の調査でやってきたわけですから、北陸に滞在できる時間は限られていますので、再訪の際に立ち寄れることを願って、鶴来駅をあとにしました。車庫取材の成果については同人誌にて。

 このあとやってきた電車でそのまま野町まで乗り通し、バスを使って金沢駅へ戻りました。
 この日は高岡に宿をとってあったので、3セクで金沢から高岡へ。高岡に宿をとったのは、2日目の余った時間で万葉線を見に行けるかもしれないという算段があったからなのですが、ほかで時間を使ってしまい、この日はタイムアップ。素泊まり3500円の安旅館に投宿しました。

 このレベルで4000円を切るのは立派です。部屋のドアが襖なので、アレな目的では使えない気がしますが(^^; 小さいですが浴場付きなのでオススメです。場所は高岡大仏のほど近くにあるので、興味がおありの方は探してみては。

 相変わらずの地方都市の場末の飲み屋で痛飲となり、2日目終了です。お疲れさまでした。氷見産だというアジ、めっちゃうまかったです。
 翌日は3日目と相成りますが、ある理由でかなりの早起きが予定されていました。しこたま飲んでいますが、はたして起きれるのかどうか・・・?

 つづく

拍手[0回]

[1] [2] [3] [4] [5] [6
 HOME : Next »
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
茨城県古河市在住。「いばらぎ」ではなく「いばらき」です。
ブログ内検索
忍者カウンター

豚汁模型! wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]