忍者ブログ

豚汁模型!

ブログタイトルは滅茶苦茶ですが、とりあえずゆるゆる細々とテツドウモケイをいじりたいなあ、というのが信条の脱力系ブログ(?)です。

2017'10.22.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015'03.14.Sat
今日も更に続けます。お次はコレです。

 もともと「しなの」セットなどで出ていましたが、今回そのものズバリ「つばさ」ということで、幾分お値段は張りましたがフル編成で購入してしまいました。シビれます。かっちょいいです。
 個人的な好みですが、キハはゴツければゴツいほどかっこいいと思っています。スノープラウをくっつけたキハ52なんかモロ好みです。このキハ181も好きな形式で、前回「しなの」として生産されたときにはなんだかんだ理由をつけて買わなかっただけに、思いもひとしおです。実車を見たことは無いんですけどねw
 もう一つ個人的な事情として、たまに一緒に貸しレイアウトに走らせにいく友人に何故かJR北海道車フリークが多く、キハの特急を随分見せられて煽られていたんですね。広大なレイアウトを走る編成の長いキハの特急は大変に魅力的であり、そういった意味でも、今後は悔しい思いをしなくても済むので、いい買い物だったと思います(^^;

 上から見てみます。屋根についている室外冷風装置が嫌でも目立ちますね。この装置、実車の世界ではどうやら失敗作のようなのですが、模型的にはキハの魅力を引き立たせる物々しさが、他の国鉄色電車特急とは違った風体になって、かえって魅力的だと思います。

 そして前回、板谷峠の千両役者であるEF71を紹介しましたから、これも繋いでみます。碓氷峠にも通ずる補機運用がなんとも物々しくて素敵です。
 実車のほうのキハ181は板谷峠を自力で超えられるように設計されたようですが、前述した冷却機系のトラブルが頻発して、結局はEF71の力を借りて峠を登ることになります。このことが奥羽本線の電化を促進させるきっかけとなりました。・・・・・・KATOさんには是非とも485系1000番台もこの勢いでお願いしますm(||)m

 それでは今日はこの辺で(^^)ノ





拍手[2回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87
«  BackHOME : Next »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
茨城県古河市在住。「いばらぎ」ではなく「いばらき」です。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

豚汁模型! wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]