忍者ブログ

豚汁模型!

ブログタイトルは滅茶苦茶ですが、とりあえずゆるゆる細々とテツドウモケイをいじりたいなあ、というのが信条の脱力系ブログ(?)です。

2018'07.19.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011'10.27.Thu
 今日は授業が終わった後に秋葉原に行ってきました。ここのところ色々と立て込んでいて、それらがようやっと片付いたので憂さ晴らしに出かけたのでした。
 模型店も中古ショップを中心に何軒か回ってみたのですが、掘り出し物といえそうなものは無く、とりあえずジャンク箱に転がっていたレム6000が安かった(1両200円ほど)ので、箱の中にあった2両ともを引き抜いて買ってきました。

 レム6000は、最近になってTOMIXが細密なディティールの製品を発売しましたし、古くから河合商会が製品化していましたので持っている方も少なくないでしょう。私もTOMIX製品が発売したときに、物は試しで1両だけ購入していました。
 一方今回拾ってきたものは、いくら中古で箱が無いとはいえTOMIX製にしては安すぎると思い、河合商会製の製品だと思って買ってきたものです。
TS3N0053s.jpg 買ってきた2両です。
 ジャンクとはいえ、動力もライトも付いてないわけですからジャンクでも十分です。これで400円しなかったのだからお買い得です。

22c1235a.jpeg 左が買ってきたレムで、右がTOMIXが新しく発売したレムです。
 やはりTOMIXの方が、純粋な1/150で作ってあるため少し小さいようですね。あとは扉や行先票挿しなどのモールドに差異が見られますが、編成を組んで走らせる分には安いもので十分ですね。
 なお、両車ともレムにしてはくすんだ色に見えますが、左は経年で、右はウェザリングによって若干くたびれた色味になっています。

TS3N0055s.jpg そして注目すべきは床下です。下が今回購入したレムの床下なのですが、これがなんとTOMIX製。
 TOMIXは現在の体制に移行する前に香港のメーカーにOEMで作っていたことがあるのですが、どうやらそれを引き当てたようです。
 OEMで作っていた製品のうち、貨車は同じ金型を使って河合商会が製品化していますので、現在でも同じものを手に入れることが出来ます。上の貨車は河合商会のワム23000で、やはりTOMIXが作っていたものを引き継いだものです。
 でも、なんとなくレア物を手に入れたような気分になってうれしくなりますw 実際、箱が付いていなければプレミアにはならないのですが、ちょっと得した気分になったお買い物でした。

 と、なんかいい風にまとめましたが、やはり当初の目的だった「無駄遣いをする」は達成できず、モヤモヤガたまっています(駄目
 今度KATOから115系がリニューアルされ、更にTOMIXのEF60も購入予定ですから、大散財はそのときま取っておきますかね(^^;

 それではまたー(^^)ノ

拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4
«  BackHOME : Next »
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
茨城県古河市在住。「いばらぎ」ではなく「いばらき」です。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

豚汁模型! wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]