忍者ブログ

豚汁模型!

ブログタイトルは滅茶苦茶ですが、とりあえずゆるゆる細々とテツドウモケイをいじりたいなあ、というのが信条の脱力系ブログ(?)です。

2017'10.22.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012'06.09.Sat
 予告どおり、次の記事はEF57のレビューを書きます。
 なお津軽編成の比較は諸般の事情で掲載しません。楽しみにしていた方がいらっしゃったら申し訳ないです。

 まあ文章でどうこう言っても良さは伝わらないのでさっそく画像を載せることにします。
964f6543.jpeg どうですか、この男らしさ。EF58は流線型で美しい、いわゆる女性的といえるでしょうが、このEF57は、せり出したパンタグラフと長いデッキ、それに重厚な足回りなど、いかにも男性的と形容することが出来るでしょう。
 そこにKATOの造形力が加わるわけですから、プロポーションに関してはもはや何も言うことがない、パーフェクトであると言えます。
 細かいところではテールライトのレンズが入っていること、これがすごく前面を引き締めます。欲を言えば電暖灯にレンズでも入っていてくれれば、とも思いますが、そこは仕方ないですね。

DSCN4358s.jpg 従来、EF58では先台車の構造が災いして、カーブで真正面から車体を見ると、ひどく不細工に見えてしまっていました。構造上仕方ないとはいえ、「KATOのEF58は直線でしか見れない」なんてのはよく聞いたものでした。
 今回のEF57も、デッキがあるとはいえ台車の構造は同じ。先頭からは見れないのかなあ、と半ばあきらめていました。
DSCN4359s.jpg しかし、発売されたものをカーブに止めてみましたが、思ったほどひどくはありません。むしろ全然見れます。
 デッキつきという構造ゆえなのかもしれませんが、従来の弱点をひとつ克服してくれました。この点でも素晴らしい。




 一方で、賞賛ばかりしてきましたが、ちと褒められない部分もあります。例えばコレ。

DSCN4390s.jpg バリの処理が不十分なのがお分かりいただけるでしょうか。
 こういうものは個体差があるのでしょうが、少なくともバリの処理がいい加減なのは私が所持している固体だけではないようで(中にはもっとひどいものもネットで見つけました)、このあたりの製品管理はもう少しきちんとして欲しいと思います。他がパーフェクトなだけに、こういうところが際立ってしまっています。

 もう一つ改善をお願いしたいのは、足回りです。写真では分かりづらいと思いますので、四苦八苦しながら動画を作ってみましたので、ご覧いただければと思います。

 お分かりいただけたでしょうかね? 下手なりに分かりやすく作ってみたつもりです。

 色々と文句も言いましたが、総じて良い製品だと思います。これからもKATOさんにはお世話になることが多くなりそうです。
 それでは今日はこの辺で(^^)ノ
 

拍手[5回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんわ。

ゴナナはワタクシも購入しまして机の上の目の前に置いて毎日ニヤニヤ眺めております。

残念ながら、宇都宮の春のゴナナ公開はなかったようで、秋の「あけぼの」ツアーにかぶらないことを祈るばかりです。
まも: URL 2012.06/12(Tue) 19:01 Edit
無題
まもさん、こんばんはー。

噂にたがわぬデキで、私もニヤニヤしております。予算の関係で1両しか手に入れられなかったので、まもさんのゴナナとですれ違わせたいですねー。

あらら、春はなかったのですが。いつも栃木県民の日(?)だったかに公開でしたよね。それ以外の日でも公開するのですか。
: 2012.06/13(Wed) 01:13 Edit
[32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22
«  BackHOME : Next »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
茨城県古河市在住。「いばらぎ」ではなく「いばらき」です。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

豚汁模型! wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]