忍者ブログ

豚汁模型!

ブログタイトルは滅茶苦茶ですが、とりあえずゆるゆる細々とテツドウモケイをいじりたいなあ、というのが信条の脱力系ブログ(?)です。

2018'10.17.Wed
地道に進めていきます。

 いきなり設計変更といいますか、自分では充分な高さがあると思っていた50mm厚のスタイロフォームですが、実際に切り出してみると想定していたよりも高くないことがわかり、せめて鉄橋部分の高さは確保すべく、20mm厚のスタイロフォームで嵩増しをしました。川になる部分以外は切り抜かないつもりですが、まだわかりません(困
 同時に、100均のコルクシートで路盤部分にコルクを敷きました。消音効果があるとのことで方々のレイアウトで使われる工法ですが、どれくらい効果があるのでしょうかね。

 もしかしたら掲載は初めてかもしれない、「裏」に当たる部分。一段下がっているところには、道路と田んぼが現れる、はずです。
 こちらにも線路の下にコルクシートを敷いたのですが、大して考えもせずに線路にあわせて切り出したため、ギリギリです。バラストを撒くことを考えると、もっと幅を取っておけばよかったと思います。まあ、何とかなるでしょう。

 次は道路を製作すべく、まずはいらない紙におおまかに道を書いていきます。道幅は「路線バスがギリギリすれ違える」くらいに設定して、バスコレのバスを実際に置きながら、フリーハンドで書いていきます。

 書いたものを切り出している様子。これをプラ板に写し取って、切り出していきます。
  
 で、プラを切り出して並べてみました。曲がりくねった道筋が、旧道の雰囲気が出ている気がします。
 次回は道路を固定する作業でしょうか。道路が決まらないと家も決まらないし、家が決まらないと山が決まらないので、まだまだ作業する必要があります。

 それではまた次回。

拍手[0回]

PR
2018'08.31.Fri
前回の記事を上げ終わったあたりから忙しかったのですが、細々と再開しています。

築堤部分のうち、橋がかかる予定のところはくりぬきました。ここはフレキをつなぐ予定ですが、とりあえずくりぬいただけです。

そして、発泡スチロール系の素材を使ってさらに地形作り。ごらんのように、建物が建つところには基礎を作りましたが、その他のところはどうしようか、まだ考え中です。道路はプラ板になるはず。

トンネルになる部分も建築限界を確認。一応20m車も通れるようにしましたが、あまり走ることは無いんだろうな。。。
まだまだ大仕事が残っていますが、今日はひとまずこの辺で。

拍手[2回]

2018'07.30.Mon
やっとレイアウト製作っぽくなります。
その前に、小さなサイズのレイアウトのメリットについて。

レイアウトを検討するときは当然紙の上でやるわけですが、このように実寸で計画できるんですね。大きいレイアウトでは大きすぎてこうはいきません。これによって実際にストラクチャーなどを置いてみる事で、イメージがわきやすいような気がします。
分かりづらいですが、穴が開いているのがわかりますかね? これも実寸で紙の上にかけるメリットの一つなのですが、この穴はこの記事内で後述します。

実際に製作に入るわけですが、例によってレイアウトの大まかな形はスタイロフォームの切り貼りによって作ります。このあたりは語りつくされているので、特段コメントもないですね。
……などと言っていると、パクりしかしないと公言しているようなレイアウト製作記では何も書くことがなくなってしまうので、適度にコメントをいれていきます。

レイアウトの大きさに切り出したスタイロフォームに線路の位置をケガいて、さらにその周りの、築堤になるために切り出す部分についてもケガきました。方法は、中央においてあるワムに油性ペンをくっつけて周回させるだけです。なのでところどころ歪んでいたり曲がっていたりしますが、その辺は適当に修正。
ちなみに一部スタイロフォームが削れていますが、このスタイロフォームが作りかけて壊した以前のレイアウトの夢のあとだからです。今回は見せられる程度には完成に持ち込みたいのですが。。。

そんでもって築堤部分を残して丸々くりぬきます。大きく開いた穴の部分には町並みが現れるはずです。中央にスタイロフォームが残っているのは、その部分を山にして、向こう側とこちら側で情景をわけるため。山と町並み部分の境界線は、先ほどの計画用の紙をスタイロフォームにあてて、穴をぶすぶすと開けることで境界線を示し、それに沿ってカッターで切りました。原寸で紙が書けると、こういうときに計画通りに地形を作ることが出来て便利です。
こうやって見ると切断面などは適当ですが、あとで見えなくなるところも多いので、とりあえずはそのままです。見えてしまうところは後で取り繕います(ぇ

今回はこの辺で。それではまた次回に。


……と、やろうと思ったことを忘れていました。拍手のほうでコメントいただくことがたびたびあって、それにお返事しないのも心苦しかったので、以下にコメント返しとしてここに残しておきます。
コメントを下さった方以外には意味の分からない文章となりますので、他の方はご容赦ください。

>大変ご無沙汰しております。唐突に始めたのに、もう見つけられてしまうとは(笑)正直驚きました。
>何とか完成できるようにしたいと思っていますが、どうなることやら。。。

拍手[2回]

2018'07.29.Sun
というわけで始めていきますが、今回は模型工作っぽいことは何もしません。木工しかしませんからね。
レイアウトボードって既製品使う方も多くいますけど、私の場合は自分で作ったほうが安上がりなので、いつも自作です。この辺は模型工作には使わないような工具を木工の場合は使うので、道具の問題もあるかもしれません。

というわけでいきなり完成画像。カエルが乗っているのは大きさの比較です(比較にならない。
特に難しいことはしてません。ホームセンターで買った杉材を寸法どおりに切って、上からシナベニヤの合板を貼り付けただけです。
大事なのは、カットはホームセンターの人にお願いするということでしょうか。電動ノコギリが手元にあったとしても、寸法どおりまっすぐ切るというのは、普段木工をしない人間にはとても難しいことなのです。ですから、多少お金がかかっても、寸法どおりに正確に切りたいときにはホームセンターでお願いしています。数百円ですから、この正確さを考えるととても割安です。

んでもってペンキで塗りたくります。これもホームセンターで下地塗料として売っているものです。意識したわけではありませんが、カトーのブックケース色です。
レイアウトボードを買って、そのまま作り始める人もいるでしょうが、私はその後の耐久性を考えて、塗料で保護するようにしています。まあ、不要な工程かもしれませんが、見栄えもよくなりますしね。
それではまた次回。



拍手[1回]

2018'07.26.Thu
皆様お久しぶりです。特に何があったというわけではないのですが、しばらくお休みしておりました。今後もある程度の間が開いて投稿するということが予想されますが、今の気持ちとしては続けていくつもりですので、どうかよろしくお願いいたします。

というわけでいきなりではありますが、レイアウトを作り始めることにしました。特になにがきっかけというわけではないのですが、ツイッターで情景派、特にカトーやトミックスのレイアウトボードよりも小さなスペースにレイアウトを作っている方々とお知り合いになれたのがきっかけと言えばきっかけなのでしょうか。まとまった時間も少しではありますが取れるようになったというのもあります。

長年ご愛顧いただいている方はよくご存知かとは思いますが(苦笑)、作りかけては中途半端なところで止まって壊しまくってきた私のレイアウト製作。同じ轍を踏まないためにも、計画段階からきちっとコンセプトやストラクチャーの配置、制作方法などについて細かく(自分なりに)詰めておくことにしました。
以前は1畳でレイアウトを作りかけたこともあったのですが、状況の変化(主に部屋にモノがあふれてしまったせい)でそんな広大なスペースは作ることが出来ず、どうにか捻出できたのはカトーやトミックスのレイアウトボード、すなわち900×600mmのボードがやっと置けるくらいの本当に小さなスペース。今の私の部屋ではこれがやっとの大きさです。しかしこのサイズでも、ツイッターで知り合った方たちはすばらしくリアルなレイアウトを製作されていたので、私も何とかまねしたいと思った次第。
そしてできあがったのが、皮算用は大好きなので色々悩みに悩みまくって完成したこのプラン。実は現在工事を進めているプランとは若干異なるのですが、雰囲気はこんな感じです。ちなみにサイズは700×600になっています。
 
トミックスのレールで製作しますが、最も急な曲線はC-177、いわゆるミニカーブというやつです。これによって20m車のほとんどが通行不可になりますが、このスペースではいたし方ありません。
情景の詳細については製作しながら明かしていくような形にしたいと思いますが、地方私鉄をモチーフとして、下側が築堤と大カーブのセクション。上側が岩場沿いを走るセクションを想定しています。真ん中は山で仕切って、向こう側が完全に見えないようにします(何を言っているか分からないと思いますが、製作途中で分かっていただけると思います。たぶん)。
下側のセクションのイメージは、以前ホビーセンターカトーにおかれていた↓の画像のレイアウトを見てとても衝撃を受けており、このレイアウトをイメージしてシーナリーを作りこんでいきたいと考えています。

このレイアウト、カトーレールでも小さな半径であるC216を使用して作られており、それでもこれだけ情景に広がりを持たせられると言うのは、どなたか高名なレイアウトビルダーの方が製作したのではないかと思っています。
上側のセクションのイメージは、行きたくても行けずじまいで廃線になってしまった名鉄谷汲線の北野畑~更地間にあるサミットの雰囲気をレイアウトで表現したいなと思っています。今もある鉄道で言うと、秩父鉄道の波久礼駅付近にある、道路と併走して列車が走っているようなイメージが近いでしょうか。

他にも、極小サイズでリアルなレイアウトという無理難題に立ち向かうために、製作コンセプトとして以下のように設定しました。
・手放しでぐるぐる回っているのを見ていたいので、駅を作らない
 →駅はレイアウトを作る際にはもはや必須とも思いますが、しかし長年、小さなエンドレスではすぐに駅に着いてしまうにも関わらず、走らせている車両は各駅停車しか存在しないようなローカルなものばかり、それが手放しで運転するために駅に停車しない、というのは、とても不自然なことだと感じていました。通過しても不自然でないような車両はほぼ長い編成です。それに、いちいちコントローラーを操作して駅に停めるのも面倒です。ですので、今回は駅をあえて作らないことで、ローカル鉄道を手放しで眺めていても不自然でないようにしたいと思っています。まあエンドレスと言う時点で、実際の鉄道と比べれば不自然なのですけれど。

・線路と同じくらい道路が重要だと思うので、きちんと設定する。
 →鉄道と言うのはよほどの山岳鉄道で無い限りは周辺に人家が存在するところを走っているものであり、車が走るための道路が存在します。よほど昔の、それこそ自家用車を保有するのが贅沢なことだとされていた時代でなければ、道路と言うのは線路と平行に近い形で走っているものなのです。鉄道も道路も、人が移動するためのものなので、両者は同じようなルートを辿ります。よって、鉄道を強調するために道路を邪魔者扱いするレイアウト製作者の方もいますが、私はそれは違うと思っていて、線路と道路は常に平行して走っているべきと考えており、道路の存在を強調したようなレイアウトが私は理想です。

・製作方法はなるべく簡単に、積極的に先達の技法は真似する
 →先に述べたように、私はレイアウト・ジオラマを作っても完成したためしがありません。どうにか完成させるために、明らかになっている技法は積極的に真似して、というかその先達の技法にあわせるような形で製作を進めていきたいと思っています。難しい技法も使いません。ストラクチャーのフルスクラッチなんてとんでもない。あくまで簡単に、かつ適度にリアルに。こうでもしないとたぶん完成しませんw

・移動可能にするため、なるべく頑丈に作る。
 →ローカル私鉄が好きな方たちとの会話の中で「長い編成が似合う貸しレイアウト場は存在するけれども、ローカル私鉄が似合うような貸しレイアウトは無いから、あったらいいのにねえ」なんて会話がありました。貸しレイアウト屋を開業するなどということは考えていませんが、有志で貸し会議室なんかを借りて、普段は似合うレイアウトの少ないローカル私鉄メインの運転会なんかを開催したら楽しいだろうなあ、なんて青写真を浮かべています。小さいスペースで作るので、せっかくなら移動して楽しめるようなレイアウトにしたいなあと考えています。

・目標はTMS掲載
 →大きく出ました(笑) レイアウトコンペには出したいなと思っています。

果たして完成するのか!? というかそれ以前に次回の記事はあるのか!? がんばります(笑)
それではまた。

拍手[3回]

 HOME 
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
茨城県古河市在住。「いばらぎ」ではなく「いばらき」です。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

豚汁模型! wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]